海滄保生慈済文化観光フェスティバル

        毎年4月下旬に保生大帝(医療に関する神様)の誕生日前後に行われます。青礁慈済宮、保生大帝は福建と台湾地区の民間信仰、中国医学保健、民族文化、観光などの分野に幅広い影響力を及ぼしております。前回の2回では多くの台湾の信者と観光客を引きつけ、今後は毎年1回行われます。この景観エリアは全国で初めて伝統医学のアピールをテーマとした景観エリアです。

© 2017 廈門市人民政府