李克強総理が福建自由貿易区厦門区域を視察

李克強総理は22日、発足したばかりの福建自由貿易区厦門(アモイ)エリアを訪問し、自由貿易区改革の経験の普及、行政のスリム化と権限移譲などの状況を視察した。李総理による自由貿易区視察の足跡は2年前の上海自由貿易試験区の発足以来、上海、天津、広東、福建の4カ所に及んでいる。新華網が伝えた。

 

 


 [http://j.people.com.cn]

 

http://j.people.com.cn//n/2015/0423/c94474-8882753.html

© 2017 廈門市人民政府