世界からの投資が続く中国=アモイ国際商談会に10万人

 

        今年はじめから「外資の中国撤退論」がマスコミで大きく報じられた。さらに最近また一部のマスコミが同じ話をむしかえしている。しかし、そうした一連の報道は以下の事実を説明するのだろうか。「投資契約数1571件、総投資額5103億元」―アモイ国際投資貿易商談会2015(期間4日間)で契約された投資案件に関する数字である。実際、この数字を見た世界の企業家は「中国に世界からの投資が続いている」という安心感を得たのである。


       ここ数年、国外からの直接投資(FDI)が大きく変動している。国連貿易開発会議がまとめた「世界投資報告書」によると、2014年の世界のFDI総額は1兆2300億ドルと、前年に比べ16%減と大幅に減少した。こうした状況下、一部の多国籍企業が世界戦略の見直しを行い、一部の国・地域から撤退するのは、しごく当たり前であろう。
       しかしFDIの中身を地域別に見てみると、流入が減少しているのは先進国であり、発展途上国ではない。むろん中国ではない。2014年の先進国向けFDIは前年比28%減と大幅に減少したが、発展途上国向けは2%増の6810億ドルと過去最高を記録した。中国向けについても4%増加し、アメリカを抜いて世界一の外資流入国となっている。中国が依然として世界の投資を引き付ける最も魅力的な国であることが証明されたといえよう。
日本のシチズンやバンク・オブ・スコットランドの撤退はたしかに事実である。しかし巨額の資金を有した世界の投資家は、依然中国でビジネスチャンスを狙っている。世界の105の国・地域から来た600以上の組織団体、4000以上の企業、10万人近いビジネスマンが今回の「アモイ商談会」に集まったのが何よりの証拠である。
       一部の外資が中国から撤退するのは、ひとつにはその企業の事情によるものであり、もうひとつは中国企業の競争力が高まったためである。後者については中国の産業のモデルチェンジ・レベルアップの必然の結果である。アモイに集まった産業は、20世紀末は衣料品や雑貨を中心とする労働集約型産業が中心だった。その後、電子・機械分野の投資が次第に増加していった。しかし、今年の商談会の中心は、国際貿易、金融業、証券・商品取引、ファクタリング、輸入商品展示取引、海外通販などとなっている。
       また中国全体の動きを見てみると、2012年以降、中国の製造業に対するFDIの割合は大きく低下し、サービス業に対するFDIが大きく増加している。2014年に中国に対するFDIの中心は製造業からサービス業に大きく変化した。これは中国の経済構造調整の方向性と一致するものである。今年の1~8月までの中国サービス業向けFDIの伸びは20.1%増と全体を10.9ポイント上回っている。その全体に占める割合も60.9%に達している。
        世界の投資家にとって、経済社会が発展し国民所得も増え続ける中国は、もはや世界の産業チェーンの一部などではなく、世界で最も大きく、かつ安定、持続可能なマーケットである。今後の投資潜在力は依然として大きく、大規模な外資撤退が起こるはずはないのである。

网址:http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-09/18/content_36623415_2.htm


 

Copyright (R)1999-2014 Xiamen Municipal Government Office,PRC & amoymagic.com. All Rights Reserved

Support:Xiamen Information Technology Service Center

Faculties of Computer Science and International Languages of XMUT

Especially thanks to Sue Brown & Dr. Bill