1)厦门海底世界
厦門海底世界(水族館)は国家4A級観光景観区、コロンス島風景名勝区に属します。鼓浪嶼(コロンス島)の東側にあります。
とても大きい規模の水族館で、中には何種類もの魚種がいます。80メートルの海底トンネルでは、いろいろな魚が頭の上や目の前すれすれに泳ぎ、海底にいるような気持ちを味わえます。
海底世界は抹香鯨館、海洋生物展示区、海底トンネル、大水槽などに分けられています。
抹香鯨館(マッコウクジラ館)
2000年3月11日アモイ海域で死亡したマッコウクジラが発見され、今まで中国国内で発見された中で最大のマッコウクジラの固体です。全長18.6m、重さ46トンにも達します。この展覧館ではマッコウクジラの標本を展示しています。 
2)アモイ海沧野生動物園
アモイ海沧野生動物園は海沧大橋より8.1キロ、面積18万平方、中にはいくつもの野生動物がいます。約百種、2千匹もいます。その中には白虎、アフリカ縞馬、カモシカ、オーストラリアカンガルー、キューバフラミンゴ、南アメリカアシカ、中国東北虎、レッサパンダ、熊などがいます。

 

市の花――ブーゲンビリア

アモイ市の花はブーゲンビリアで、オシロイバナ科ブーゲンビリア属、茎は籐状でとげがあります。新しい枝の梢に、通常は3つの花が3つの蕾の中にあり、花びらの外側は赤紫で、三角形に似ていることから「三角梅」とも呼ばれています。名花とは言えませんが、アモイで一年中花を咲かせ、「誇り高く赤く衰えず、春風行ったりきたりしたが、いつも懐かしむ」花です。

 

 

市の樹――ホウオウボク

アモイ市の樹、ホウオウボクはジャケツイバラ科で、落葉高木に属し、高さ20メートル、葉は緑色、花は鮮やかな赤で、上部の花びらは黄色い縞がはしり、さやは木質で、50センチメートルもあります。光を好み、寒さに弱く、成長は速くて根が発達しており、種で繁殖し、移植も簡単です。夏に大きく鮮やかな花が咲き、木全体が真っ赤となって緑の葉と映え、美しさが引き立ちます。

 

 

市の鳥――シラサギ

アモイ市の鳥、白鷺は渉禽類、コウノトリ目、サギ科に属します。中国ではコサギともいい、首が長く、S字型で、目は黄色、嘴と足は細長く、足が黒いほか全身は真っ白で、夏季に繁殖し、お下げのような冠毛を持っています。背と胸は全体的に柔らかい羽に覆われ、繁殖期が過ぎると、その羽は抜け落ちます。アモイは白鷺の故郷だと伝えられています。人々はアモイ経済の急速な成長を「白鷺が飛ぶように」と表現します。

 

 

厦門市投資促進センターは廈門市外商投資局に属していて、専門的に投資サービスをします。廈門市の外資誘致の窓口として、当センターは国際的な運営メカニズムを採用し、投資者のニーズを十分考えて、投資者に無料で「ワンステーション」式のサービス、つまりもっと簡単で、もっと快速且つ便利なサービスを提供します。
主な職能は下記の通りです:
 投資決定に必要である厦門の投資環境と投資チャンスに関する情報を提供します;  投資する前の市場調査を行います;  最適の投資場所と投資方式を推薦します;  関係する政府部門、社会団体とビジネス組織との連絡と推薦をします;  投資視察のスケジュールを手配します;  投資プロセスの中にぶつかる問題を協調し、解決します;  専門の人が投資計画全コースの世話をします。

住所:中国厦門市湖濱北路15号外貿ビル14階
郵便番号:361012
電話:86-592-5117081 5112381
Fax:86-592-5112317
Email:xipa@xipa.com.cn '
ホームページ www.xipa.com.cn

       お茶を飲むことはアモイ人の生活に欠かない習慣だと言えるでしょう。多くのアモイの人が朝起きてから一番先にやることはお茶を入れることで、朝、お茶を飲まないとヤル気が出ないといわれるほどです。お茶をあまり飲まない人の家でも必ずお茶道具を持っています。「寒夜客来茶当酒(寒い夜にお客さんが来たら、酒の代わりにお茶を入れる)」という詩句のように、アモイではお客さんが来るとすぐにお茶を入れるといった習慣があります。
アモイの人々にとって「お茶をする」ということはすなわち「いれること」で大変、時間をかけて工夫を凝らしています。
昔、町のあちこちに「茶桌仔」と呼ばる、茶肆(茶館)がありました。ここは昔の人の社交場でもありました。お茶をしながら「三国」、「水滸」の物語を聞き、のんびりと時間を過ごすよい場所です。今はもう「茶桌仔」はありませんが観光地には現代的な茶館があり、明るくきれいで、お茶の香りが漂っています。

 

日本で携帯をレンタルして中国で使うと、滞在期間が長くなるにつれ、レンタル料が非常に高くなってしまう。

中国で長期滞在したり、頻繁に日本と中国の間を移動したりする人にとっては、中国で携帯電話を購入したほうが経済的である。

中国で、携帯電話の本体とSIMカードを購入する方法をお勧めする。

これには以下のようなメリットがある。

1、通話コストが安い

IP電話サービスを利用する場合、日本と中国の間の国際電話では通話料金が1分間4.5元(日本円で約68円)、中国国内の長距離電話なら1分間0.9元(日本円で約14円)、ローカルの通話料なら1分間0.6元(日本円で約8円)である。

2、自分の電話番号が持てる

電話本体が変わっても、SIMカードを差し替えれば、電話番号は変わらない。SIMカードをデポジットすれば、仮に携帯を全然使わなくても最長2年間は自分の番号が保持される。

まず、携帯の本体を購入すること。

中国では、携帯電話の本体の購入と携帯キャリアーとの契約は別々になっている。このため、中国の人にとっては、携帯キャリアーと契約を結ばず、携帯の本体だけを購入することが普通である。なぜかというと、携帯キャリアーはSIMカードのほか、携帯電話の本体も取り扱っているが、家電製品のチェーン店なら同じ携帯を格安の値段で買えるからである。

家電製品のチェーン店では、一番安い携帯の本体は300元ぐらいで購入することができ、モノクロの液晶ディスプレーで、基本機能はすべて付いている。

中国には、中国移動(チャイナ・テレコム)と中国聯通(チャイナ・ユニコム)という二つの携帯キャリアーしかない。ここでは、中国移動の「神州行」という契約種類を例として挙げる。

「神州行」はプリペイド式のSIMセットで、通話料金はやや高いが、毎月の基本料金はいらない。中国国内の長距離電話や国際電話をかける場合、電話番号の前に「17951」を打ち込めば、IP電話をかけることとなり、通話料金をだいぶ節約できる。

「神州行」のSIMカードは路上の新聞屋さんや家電製品のチェーン店で購入できる。「神州行」と「SIM」と書いた紙を店員さんに見せると、「どの番号にするか」つまり番号の選択を聞かれるのが普通です。一般の「神州行」のSIMカードは50元(日本円で約750円)で購入できるが、8などの数字が入った番号は縁起がいいとされて人気があるため、50元より高い金額を請求されるかもしれない。4などが入った普通の番号はだいたい50元ぐらいが相場である。

デポジットについて

SIMカードをデポジットするには、新聞屋さんやスーパーなどで販売する「充値カード」が必要である。一般の店では、50元と100元のカードを置いているが、国際電話をかける場合、100元の充値カードがいいでしょう。

「神州行」、「充値」、「100元」と書いた紙を店員さんに見せれば、ちゃんと理解してくれると思う。

購入したカードのスクラッチ部分をはがすと、18桁の数字が書いてある。

次に、SIMカードを購入した都市でデポジットしてください。これはとても大切である。つまり、北京でSIMカードを買ったら、からなず北京にいる間にデポジットしてください。しかも、北京で買った充値カードを使ってください。違う都市へ移動したら、北京にいる友人に北京の携帯か固定電話を使ってデポジットしてもらうこともできるが、ちょっとややこしくなるのでやはり北京を離れる前に、金額を多めにデポジットしておくほうがいい。

さて、次に「13800138000」という番号に電話してください。この番号はデポジット専用の番号で、料金は取られないため、残額がなくても掛けられる。

そして、言語選択をする。1が中国語(標準語)、2が英語である。外国人にとっては英語を選択したほうが分かりやすいかと思うが、実際にやってみると英語が母国語の人でも聞き取りにくいことが分かった。とにかく、どちらかを選ばなければならない。

言語を選択した後、サービス種類の選択に入る。1が既存のサービスの解除、2がデポジットである。2を選択して、「ただいま電話中の携帯にデポジットしますか」と聞かれ、また選択に入る。今度は1を選択して、先の充値カードの18桁の数字を打ち込んで、「♯」を押して完成。つまり、13800138000に電話してから、12ーー2ーー1ーー18桁の数字+♯で完成できる。完成すると、デポジットした金額と残額を音声で教えてくれることになっている。

100元の充値カードでは180日、300元や500元のカードでは360日、それぞれ有効期限が延びる。有効期限は累積され、1003回で約1年半伸びることになるが、最長は2年である。(作成:姜平)

「中国国際放送局 日本語部」より 2008829

                                                                                                               [ http://japanese.china.org.cn/ ]

アモイという買い物天国では、世界各地からの商品は様々で、枚挙にいとまがありません。昼夜問わず、ショッピング街から小さな店まで、百貨店からセレクトショップまで、購入にはお金がかかりますが、ショッピングの楽しみにはお金がかかりません。

中山路商業街、ミン台特色食品街(古城東路)、鼓浪嶼竜頭路がおもなショッピング街で、大型ショッピングのレジャー施設としては、火車駅世貿商城、江頭SM城市広場、明発商業城があり、禾祥西路、湖濱南路にファッション関連のお店が集中しています。

 

前埔新商圏

瑞景商業広場:前埔(洪文小区一帯)

アクセス:5路、19路、26路、28路、36路、47路、91路、95路、98路、101路、108路、202路、509路、512路、517路、525路、530路、621路、805路、厦30線、厦55線のバスに乗り洪文小区駅で下車、前に進むとすぐ。

 

湖里商圏

湖里信達免税商場:湖里興隆路

アクセス:9路、22路、34路、40路、43路、83路、84路、94路、108路、508路、510路、522路、525路、806路、523路、521路のバスに乗り、湖里区政府駅で下車。

麦徳龍(METRO)大型購物超市:湖里区長浩路8

アクセス:22路、33路、504路のバスに乗り、麦徳龍駅で下車してすぐ。

 

禾祥商圏

好又多超市(聚祥店):禾祥西路609号聚祥広場

        アクセス:35路、48路、97路、526路、528路、808路のバスに乗り、湖中路口駅(元禾祥商城駅)で下車、歩いてすぐ。

 

SM商圏

1、天虹商場(呂厝店):嘉禾路323号匯騰大厦。

アクセス:18路、27路、44路、51路、53路、108路、202路、507路、525路、532路、534路、610路、617路、618路、620路、621路、厦52線、厦56線、厦79線、厦55線、厦59線のバスに乗り、呂厝北駅(元呂厝天虹商場駅)で下車、前に進むとすぐ。

2SM城市広場:湖里烏石浦。

        アクセス:18路、27路、33路、40路、41路、44路、51路、53路、108路、201路、202路、507路、508路、515路、525路、532路、534路、610路、616路、617路、618路、620路、621路、812路、813路、厦52線、厦56線、厦79線、厦55線、厦59線、521路、54路のバスに乗り、SM城市広場駅で下車してすぐ。

 

火車(鉄道)駅

1、世貿商場(世界貿易ショッピングセンター):火車駅広場そば

アクセス:1路、3路、5路、6路、7路、9路、13路、17路、19路、21路、33路、37路、38路、43路、44路、46路、48路、51路、72路、96路、102路、517路、522路、532路、534路、610路、616路、617路、618路、620路、804路、813路、815路、厦50線、厦52線、厦56線、厦79線、厦59線のバスに乗り、火車駅で下車して前方に進むとすぐ。

2、華聯商厦(梧村店):厦禾路935937

アクセス:1路、3路、5路、6路、7路、9路、13路、17路、19路、21路、33路、37路、38路、43路、44路、46路、48路、51路、72路、96路、102路、517路、522路、532路、534路、610路、616路、617路、618路、620路、804路、813路、815路、厦50線、厦52線、厦56線、厦79線、厦59線のバスに乗り、火車駅で下車して前方に進んだ、華夏酒店のとなり。 

3、明発商業広場:蓮坂大ロータリーの東側(家楽福カルフールーも明発商業広場にあります)

アクセス: 18路、23路、25路、45路、505路、507路、508路、511路、513路、515路、518路、522路、526路、532路、534路、806路、808路、813路で蓮花路口南駅(元蓮坂新華書店駅)下車してすぐ。

4、莱雅百貨(嘉禾店):嘉禾路261-265号(華天港澳台購物中心)アクセス:6路、7路、10路、18路、27路、42路、44路、46路、51路、53路、89路、507路、511路、513路、518路、526路、532路、534路、610路、617路、618路、620路、808路、厦52線、厦56線、厦79線、厦59線のバスに乗り、蓮花路口東駅で下車。

5、好又多(富山店):湖濱南路398号富山展覧中心。

アクセス:10路、23路、26路、27路、33路、44路、45路、46路、95路、505路、509路、511路、512路、513路、515路、518路、519路、610路、617路、620路、厦30線のバスに乗り、蓮坂駅(元蓮坂国貿駅)下車してすぐ。

6、華天港澳台購物中心:嘉禾路(莱雅百貨のそば)

アクセス:6路、7路、10路、18路、27路、42路、44路、46路、51路、53路、89路、507路、511路、513路、518路、526路、532路、534路、610路、617路、618路、620路、808路、厦52線、厦56線、厦79線、厦59線のバスに乗り、蓮花路口東駅で下車するとすぐ。

7、新華都蓮花店:香蓮里28号蓮花広場

 アクセス:6路、7路、10路、36路、42路、46路、89路、99路、108路、202路、511路、513路、518路、525路、526路、530路、621路、808路、厦55線のバスに乗り、呂厝駅で下車し、前方100メートル。

 

中山路商圏

1、華聯商厦(中山店):中山路1号(中山路歩行者専用道路の輪渡路口)が、アモイの老舗百貨店です。

アクセス:3路、4路、8路、10路、11路、12路、19路、27路、32路、51路、97路、99路、201路、503路、504路、505路、506路、509路、526路、528路、529路、531路、533路、厦2線、厦56線、71路、803路のバスに乗り、海濱大厦駅で下車し、100メートル進む。

2、巴黎春天百貨:中山路76-132号(中山路歩行者専用道路中段)

アクセス:1路、3路、8路、10路、11路、12路、15路、19路、21路、22路、32路、45路、48路、51路、501路、520路、812路、厦20線のバスに乗り中山路駅で下車、中山路歩行者専用道路に入り、100メートル先。

3.莱雅百貨(大陸店):中山路193―215号(中山路十字路)。

アクセス:1路、15路、21路、22路、45路、48路、501路、520路、812路、厦20線のバスに乗り、中山路駅下車してすぐ。 

4.莱雅百貨(中山店):中山路358号(招商銀行そば)。

アクセス:1路、15路、21路、22路、45路、48路、501路、520路、812路、厦20線のバスに乗り、中山路駅下車し、文化宮方向に数百メートル歩く。

5、好又多超市(スーパー)(定安店):思明南路158

アクセス: 1路、3路、8路、10路、11路、12路、15路、19路、21路、22路、32路、45路、48路、51路、501路、520路、812路、厦20線のバスに乗り中山路駅で下車。

6、老虎城百貨:思明南路(好友多のそば)アクセス:1路、3路、8路、10路、11路、12路、15路、19路、21路、22路、32路、45路、48路、51路、501路、520路、812路、厦20線のバスに乗り中山路駅で下車。

 7、天虹商場(思北大西洋店)アクセス:10路、11路、15路、22路、23路、31路、45路、48路、97路、501路、504路、505路、506路、509路、520路、528路、厦30線、厦20線、54路のバスに乗り、思北路口駅で下車してすぐ。

Copyright (R)1999-2014 Xiamen Municipal Government Office,PRC & amoymagic.com. All Rights Reserved

Support:Xiamen Information Technology Service Center

Faculties of Computer Science and International Languages of XMUT

Especially thanks to Sue Brown & Dr. Bill